保護者の同意書があれば 未成年でも脱毛が可能

2015年7月25日お得なプラン, セットプランなど, コラム

 脱毛サロンを利用して脱毛するという女性の数は多く、脱毛が女性にとっていかに大事なことであるからがよくわかります。すべすべでつるつるな肌は女性の憧れでもあり、誰もが求めるものです。ムダ毛に悩み始める年代というのは個人差があり、当然悩んだことがないという人もいるでしょう。しかし、なかにはムダ毛の量が多く、学生時代から悩んでいるという人もいます。未成年だと脱毛サロンを利用できないこともあるので、なおさら悩むこともあるでしょう。

そのような未成年の場合であっても、ミュゼプラチナムならしっかりと脱毛を行うことができます。ここでは、ミュゼプラチナムでできる未成年の脱毛についてご紹介します。

保護者の同意書があれば 未成年でも脱毛が可能

■未成年で脱毛サロンを利用するメリットは?

■ミュゼプラチナムを未成年が利用するには

■学生に人気のミュゼプラチナム

■徹底した年齢制限

■未成年でも安心のミュゼプラチナム

■未成年で脱毛サロンを利用するメリットは?

 未成年の脱毛サロンでの脱毛に関しては、否定的な意見があることも事実です。脱毛サロンでの脱毛はお金がかかりますし、まだ子供であるうちから脱毛をする必要はないともいわれます。しかし、未成年のときから脱毛をすることにはメリットもあります。それは、脱毛に必要な回数です。

 脱毛は1回できっちり終わるというわけではなく、複数回通うのが普通です。ミュゼプラチナムでもさまざまな回数のコースが用意されているので、自分のムダ毛の状態からこれらのコースを選ぶことになります。なかには数十回通わなければいけない場合もあるため、こういったことを考えるなら脱毛をできるだけ早く始めるほうがいいともいえます。未成年から始めれば、成人する頃にはすべすべでつるつるな肌を手に入れることができるでしょう。

 また、未成年のムダ毛が気になりだした頃であれば、まだそれほどムダ毛が濃くないということもあります。その時分に脱毛を行っていれば、ムダ毛が濃くなってから行うよりもより効果的に脱毛することができるともいえます。

 自分で脱毛すると肌を傷つけてしまうことも考えられるので、安全な脱毛を考えるのであれば未成年から脱毛サロンに通うというのも間違いではないといえるでしょう。

■ミュゼプラチナムを未成年が利用するには

 まず前提として、ミュゼプラチナムで未成年がひとりで自由に脱毛できるのかといえばそういうわけではありません。未成年がミュゼプラチナムで脱毛を行うためには、条件があります。その条件とは、保護者の同意を得るということです。

 未成年は責任能力がないとされているため、しばしば保護者の同意が必要になる場面があります。ミュゼプラチナムなど脱毛サロンの利用に関しても、そのなかのひとつということになります。

保護者の同意を得ていると判断されるには、2つの方法があります。ひとつは保護者が同伴するというもの。もうひとつは、同意書を持参するというものです。

 保護者が同伴する場合、その日のうちに契約を交わすことができます。ミュゼプラチナムでは施術の前に必ずカウンセリングを行うので、そのカウンセリングに同伴してもらえばOKです。その場で同意書にサインをしてもらえれば、次からは未成年だけで来店して施術を受けることもできます。同意書には本人の名前や生年月日、住所、保護者の氏名、連絡先などを記入し、印鑑を押します。そのため、保護者同伴でカウンセリングを受ける際には印鑑を忘れないようにしましょう。印鑑がなければ、その同意書は認められません。また、当日に契約ができるとはいっても、ミュゼプラチナムでは契約当日に施術を受けることはできません。これは未成年だけではなく、どの年代の場合でも同じです。

 保護者が同伴する場合、男性は入店できないことには注意が必要です。ミュゼプラチナムは女性専用のサロンであるため、たとえ保護者であっても男性は入店することができないのです。そのため、必然的に母親またはそれに準ずる人がミュゼプラチナムに同伴することになります。

カウンセリングの際に保護者が同伴できない場合、同意書を家に持ち帰って保護者に記入してもらい、後日それをミュゼプラチナムに提出するという形になります。当然、この場合はカウンセリング当日に契約をすることはできません。同意書の内容自体は保護者が同伴した場合と同じなので、印鑑以外に特に準備するものはありません。同意書を持ち帰って保護者に記入してもらう場合、ミュゼプラチナムに提出したあとにミュゼプラチナムから確認の電話がかかってきます。これは、同意書をきちんと保護者に記入してもらったかを確認するためです。未成年の脱毛はメリットもあるとはいえ、保護者の同意なしで行うのはやはり問題があります。そのため、ミュゼプラチナムでは同意書があれば施術が可能ですが、この同意書の確認はきっちり行っています。

 また、保護者の同意書をインターネットでダウンロードすることができる脱毛サロンもありますが、ミュゼプラチナムではカウンセリング後の手渡しのみとなっています。カウンセリングでしっかりと説明を受けた後、改めて脱毛をするかどうかを考えてもらうためにこの方法をとっています。ミュゼプラチナムは無料のカウンセリングを納得できるまで受けることができるなど、実際に脱毛を受けるまでの過程を大切にしています。これは、未成年でも成人でも同じなのです。

■学生に人気のミュゼプラチナム

 ミュゼプラチナムはどの年代に対しても人気が高い脱毛サロンですが、とりわけ未成年の学生からの人気が高いものです。学生割引があるわけでもないミュゼプラチナムが、なぜ未成年の学生に人気があるのか。それには、いくつかの理由があります。

 ミュゼプラチナムが未成年の学生に人気がある最大の理由が、リーズナブルかつ親切な料金設計にあります。ミュゼプラチナムは全体的に比較的リーズナブルな料金であり、追加料金などが発生せず表示金額のみの明朗会計です。そのため、資金力に乏しい未成年の学生であっても比較的少ない負担で利用することができます。

 また、両ワキの脱毛が回数・期間ともに無制限で行えるというのも、資金力に乏しい未成年の学生には嬉しいポイントです。両ワキは未成年でも気になる脱毛箇所ですが、一般的な脱毛サロンでは回数制限があるのでその回数で脱毛が完了しないこともあります。この場合、回数を追加しなければいけないため費用も高くついてしまいます。しかし、ミュゼプラチナムの両ワキ脱毛完了コースであれば、両ワキの脱毛が完了するまで納得いくまで利用することができるのです。追加料金が取られることもないので、未成年の学生でも安心して利用することができます。ミュゼプラチナムでは両ワキのほか、Vラインの美容脱毛完了コースやこれらを組み合わせたコースもあるため、夏に合わせて利用するのもいいでしょう。

 こういったリーズナブルさのほかには、若い女性客が多いというのも未成年の学生にとって利用しやすいポイントです。脱毛サロンというと成人女性が通う場所というイメージを持っている人もいることから、通いたくても通う勇気が出ないということもあるでしょう。ミュゼプラチナムは比較的若い女性客が多いため、そういった人でも通いやすい脱毛サロンです。同年代の人がいることがわかっていれば、未成年でも利用しやすいでしょう。

■徹底した年齢制限

 これまでにご紹介したように、未成年の学生であっても条件さえクリアすればミュゼプラチナムを利用することはできます。しかし、この未成年の範囲はミュゼプラチナムによって制限されています。

 ミュゼプラチナムで脱毛を受けることができる未成年は、16歳からです。そのため、16歳未満の未成年に関しては、たとえ保護者の同意があったとしてもミュゼプラチナムを利用することはできません。ほかの脱毛サロンの場合はもう少し早い段階から脱毛を利用することができることもありますが、ミュゼプラチナムでは安全性などの観点から16歳以上の未成年としています。

 また、この未成年の制限は徹底的に行われていて、たとえば20歳以上であっても大学生の場合には保護者の同意が必要となります。大学生は世間的に成人と同じような扱いをされることもありますが、ミュゼプラチナムでは未成年は未成年として区別されるのです。こういった徹底した管理も、安全と信頼のもとになっています。

■未成年でも安心のミュゼプラチナム

 このように、ミュゼプラチナムでは保護者の同意を得ることができれば、未成年でも脱毛の施術を受けることができます。カウンセリングは未成年ひとりだけでも受けることができるので、まずは相談してみるというのもいいでしょう。このとき、ミュゼプラチナムに提示する身分証明書は学生証で大丈夫です。

 ミュゼプラチナムは未成年の利用者にも優しい脱毛サロンなので、ムダ毛が気になるという人は成年・未成年を問わず一度相談してみてください。